バーチャルショールームとは?詳細やメリットを解説

公開日:2023/11/15   最終更新日:2023/11/08

近年、さまざまな業界で注目されているのがバーチャルショールームです。顧客は自宅にいながら、ショールームの雰囲気や展示物の特徴を把握できます。デジタル技術を活用して、バーチャルショールームを取り入れる大手企業も数多くあります。そこで今回の記事では、バーチャルショールームの詳細や導入するメリットについて解説しましょう。

バーチャルショールームとは?

時間や場所にしばられない新しいPR方法として注目を集めているのが、バーチャルショールームです。

オンライン上のショールーム

バーチャルショールームとは、実際の会場を使用しないオンライン上の展示空間のことです。顧客は自宅など好きな場所からネットにアクセスして、バーチャルショールームを見学できます。人との接触を避けながら、じっくり時間をかけて展示されている商品を見られることが魅力です。

さまざまな業種で導入

バーチャルショールームは、企業にとって自社製品をアピールできる新しいビジネスモデルのひとつです。自動車販売店、ハウスメーカー、家具販売店、空調機メーカー、住宅設備メーカーなど、すでにさまざまな業種でバーチャルショールームは導入されています。

自社のHPでバーチャルショールームを提供する企業も多く、より多くの顧客に自社製品の魅力を伝えることで販売促進に貢献できます。今後もバーチャルショールームに対する需要は高いと期待できるでしょう。

バーチャルショールームの仕組み

どのようにバーチャルショールームが制作されているのか気になるところでしょう。ここでは、バーチャルショールームの仕組みについて説明します。360°カメラなどの機材を使用して、ショールーム内や展示物を撮影します。

撮影後にVR技術を活用することで、立体的で非常にリアルなショールームがオンライン上に再現できます。また、実際のショールームをもっていない場合は、CGで制作可能です。顧客はスマホやパソコンで、好きなタイミングで見学できます。

実際のショールームを歩き回りながら、製品を見ているような臨場感を味わえます。

バーチャルショールームのメリット

一般的なショールームではなく、バーチャルショールームを利用すると企業や顧客にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、バーチャルショールームを活用するメリットについて説明します。

大型製品も展示可能

バーチャルショールームなら、実際のショールームでは展示が難しい大型製品や、まだ完成していない製造中の製品も展示できます。また、HPやカタログの写真を見るだけではわかりにくい商品のサイズ感まで感じられます。

さらに、バーチャルショールームでは3Dモデルで自由に回転できるので、360°どこからでも製品をチェックできます

準備が簡単

一般的なショールームでは、商品を展示したり、カタログを大量に用意したりする必要があります。さらに、来場者に対応する複数名のスタッフを配置する必要があります。しかし、バーチャルショールームは顧客にオンライン上で見学してもらうため、多数のスタッフを配置する必要がありません

映像を制作するための手間やコストはかかるものの、実際のショールーム準備や片付けの作業に比べると簡単であるといえます。

多くの人にPR可能

顧客が自宅にいながら製品をじっくり見られるのが、バーチャルショールームの大きなメリットです。高齢者や子どもがいる家庭など、外出が難しい人や忙しい人でも気軽に見られるでしょう。また、非日常的な空間を楽しめるので、顧客体験が向上し、顧客に好印象を残せるでしょう。実際のショールームにも行ってみたい気持ちを引き出せる可能性があります。

さらに、わざわざショールーム会場まで出かけるほどではないが、少し製品やブランドに興味がある人にもバーチャルショールームは効果的です。時間や場所を選ばすに気軽に何度でも見学できるので、より多くの人に製品やブランドの魅力をアピールできます。

特定アクションへ誘導

バーチャルショールームで気になる展示物があれば、顧客がクリックすることで詳しい説明や紹介動画を見られる機能もあります。また、オンラインでスタッフに相談できる機能もあります。ECサイトと連携すると、契約やお試しなどの行動へも誘導可能です

さらに、顧客がどの商品をクリックしたのかなど、企業が顧客の行動データを収集できます。次のマーケティング戦略や製品開発につなげられるメリットもあります。

まとめ

今回はバーチャルショールームの詳細やメリットについて解説しました。顧客が時間や場所を選ばずに展示物を見られるので、バーチャルショールームは画期的で新しいビジネスモデルです。今回紹介したようにメリットが多いため、自社製品を広く世間にアピールする機会を増やせるでしょう。すでに実際のショールームをもつ企業も、バーチャルショールームを採用するとさらに新しい顧客を獲得するチャンスが生まれるはずです。より多くの人にPRでき、契約者や購入者の増加が期待できるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

近年、企業のブランド価値を高め、製品やサービスの魅力を直接顧客に伝える手段として、企業紹介型ショールームの重要性が高まっています。この記事では、企業紹介型ショールームの魅力と、効果的なショー

続きを読む

ショールームは単なる展示スペースではありません。これは、製品を直接体験し、生活に取り入れるイメージを膨らませることができるワクワクする空間です。この記事では、製品展示型ショールームの魅力から

続きを読む

住まいづくりにおいて、理想の暮らしを実現するお手伝いをするプロフェッショナルがショールームアドバイザーです。住宅設備や家具のショールームで、お客さんに快適な住まいを提案し、実現への第一歩を導

続きを読む

住宅設備や家具が並ぶショールームで、新築やリノベーションを検討するお客さんに向けて、夢の住まいづくりを支援する「ショールームコーディネーター」という仕事があります。この記事では、ショールーム

続きを読む

3Dショールームは、革命的なテクノロジーのひとつです。製品やプロジェクトを仮想の環境で体験できる手法で、そのメリットは多岐にわたります。本記事では、3Dショールームの概要、そのメリット、活用

続きを読む

オフィスのエントランスは、来客を出迎える重要なスペースです。しかし、最近では、来訪者を迎えるスペースとしてだけでなく、企業戦略の一つとしてショールーム化するケースが増えています。そこで今回は

続きを読む

近年、さまざまな業界で注目されているのがバーチャルショールームです。顧客は自宅にいながら、ショールームの雰囲気や展示物の特徴を把握できます。デジタル技術を活用して、バーチャルショールームを取

続きを読む

いまは多くの人が気軽に動画視聴を楽しむ時代となりました。動画ではさまざまな情報を提供できるので、動画を活用したビジネスモデルも増えています。最近では、動画を活用してショールームの魅力を伝える

続きを読む

会社の中で取引先と商談する場合、よい印象を与えることが重要となります。従業員のあいさつや身だしなみなども大切な要素ですが、商談する場所についても特別な配慮が必要です。テーブルやソファ、椅子な

続きを読む

独立して飲食店などの開業を目指している人は多いのではないでしょうか。しかし、開業するにあたって、店舗の内装工事は必ずしなければなりませんが、どのくらいの費用がかかるかわからないということもあ

続きを読む