3Dショールームとは?仕組みやメリットについて解説!

公開日:2024/01/15   最終更新日:2023/12/05


3Dショールームは、革命的なテクノロジーのひとつです。製品やプロジェクトを仮想の環境で体験できる手法で、そのメリットは多岐にわたります。本記事では、3Dショールームの概要、そのメリット、活用事例について詳しく探究します。未来の展示や販売体験について、3Dショールームの魅力をみていきましょう。

3Dショールームとは?

デジタル革命が進化し、バーチャル空間が私たちの日常に浸透するなかで、3D-VRショールームが注目を集めています。これは、PCやスマートフォンを通じてアクセス可能な仮想空間で、製品やプロジェクトをリアルに体験できるメタバースです。

3D-VRショールームの特徴は、3DCADデータを利用して製品やソリューションを仮想空間に再現する点です。これにより、来場者は時間や場所に関係なく、360°どこからでもショールーム内の製品を自由に観察できます。

さらに、3Dショールームでは、製品の購入やカスタマイズ、試乗、試着なども可能です。これにより、よりリアルな購買体験が提供されます。また、来場者はショールーム内で質問や予約をおこなうこともでき、リアルタイムの対応も可能です。チャットやビデオ通話を通じて、オンライン接客がおこなわれ、来場者の疑問や要望に応じたサポートが提供されます。

3D-VRショールームは近年、販売促進やマーケティングの分野において、新たな次元の効果をもたらしており、消費者にとっても簡単で魅力的な、未来のリアルなショッピング体験を提供しています。

3Dショールームのメリット

3Dショールームは、多くのメリットを提供する新たなショッピング体験をもたらしています。以下では、3Dショールームのメリットについて詳しく解説します。

場所と時間の制約がない

実店舗に比べ、3Dショールームは時間や場所に縛られることなくアクセス可能です。顧客は自宅やオフィスから、いつでもデバイスを通じてショールームにアクセスでき、製品を詳細に見ることができます。これは、忙しい現代の生活にマッチしており、ショッピングの便益を大幅に向上させます。

リアルな体験

3Dショールームは、バーチャル空間内で製品や環境をリアルに再現します。このため、製品を仮想的に試乗、試着、操作ができます。たとえば、自動車業界では車の内部を詳細に探索でき、ファッション業界では服のフィット感を確かめることが可能です。これにより、購買前に製品に関する信頼性が向上し、顧客の購買意欲を刺激します。

豊富なカスタマイズオプション

3Dショールームは、製品のカラーや仕様を簡単に変更できるため、顧客にとってカスタマイズの選択肢が広がります。個別の好みやニーズに合わせて製品を仕立てる機会を提供し、顧客満足度を向上させます。

インタラクティブな要素

3Dショールームは、製品に関する情報提供やオンライン接客のサポートのためにインタラクティブな機能を提供します。来場者はリアルタイムで質問をし、専門家とコミュニケーションをとることができます。これにより、購買を後押しする情報を提供し、不安要素の解消が可能です。

コスト削減と環境への貢献

実店舗の運営の賃貸料、エネルギー、人件費などのコストが削減できます。また、3Dショールームは出張や物流に関連する環境負荷の削減のため、環境への貢献も可能です。

3Dショールームは、さまざまな業界でそのメリットを発揮し、顧客と企業の双方に多くの利益をもたらしています。今後、バーチャルリテールの発展が期待され、これからのショッピング体験に新たな可能性を切り開くでしょう。

3Dショールームの事例

3Dショールームはさまざまな業界で革新的な利用方法が見つかっており、消費者と企業の双方に多くの利益をもたらしています。以下は、いくつかの業界での導入事例を紹介します。

自動車業界

自動車メーカーは、3Dショールームを活用して、車両の詳細な内外観を仮想的に体験できるプラットフォームを提供しています。これにより、顧客は車の内部を探索し、カラーやオプションの選択をおこなうことができ、試乗前に製品に関する自信をもつことができます。たとえば、テスラは3Dショールームを通じて、車両のカスタマイズや性能のデモンストレーションを提供し、購買プロセスを効果的にサポートしています。

不動産業界

不動産開発業者は、3Dショールームを使って、建物や住宅の仮想ツアーを提供し、購買者に物件の魅力を伝えます。これにより、購買前に構造やデザインの理解が容易になり、購買者はリアルな物件を訪れる前に購入の意向の決定が可能です。Zillowなどの不動産プラットフォームは、3Dショールームを活用して、仮想で物件を巡る機会を提供しています。

インテリアデザイン

家具およびインテリアデザイン業界では、3Dショールームが製品の展示とカスタマイズの手段として利用されています。顧客は家具の配置、スタイル、色合いをシミュレーションし、部屋全体のデザインの検討ができます。これにより、購買者は購入前に実際の配置を試すことが可能です。WayfairやIKEAなどの企業は、3Dショールームを通じて、顧客にリアルなインテリアデザイン体験を提供しています。

BtoB製造業

BtoBセクターでは、3Dショールームが製造プロセスや製品のカスタマイズの可視化に役立ちます。製造業者は、製品のデザインや機能を仮想的に説明し、顧客へのより深い理解の提供が可能です。たとえば、エアバスは飛行機部品の3Dモデルを顧客に提供し、カスタマイズオプションを示すことで、契約締結プロセスを支援しています。

まとめ

3Dショールームは、バーチャル空間で製品やプロジェクトを体験できる革命的なテクノロジーです。多くの魅力をもち、場所や時間の制約を克服し、リアルな試用体験を提供します。また、カスタマイズの自由度やインタラクティブな要素も顧客にとって魅力的です。これにより、自動車、不動産、インテリアデザイン、BtoB製造業など、多くの業界で成功事例があります。3Dショールームは、未来のショッピングとビジネス体験をリードするテクノロジーのひとつであり、その進化に期待が高まっています。

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

住宅設備や家具が並ぶショールームで、新築やリノベーションを検討するお客さんに向けて、夢の住まいづくりを支援する「ショールームコーディネーター」という仕事があります。この記事では、ショールーム

続きを読む

3Dショールームは、革命的なテクノロジーのひとつです。製品やプロジェクトを仮想の環境で体験できる手法で、そのメリットは多岐にわたります。本記事では、3Dショールームの概要、そのメリット、活用

続きを読む

オフィスのエントランスは、来客を出迎える重要なスペースです。しかし、最近では、来訪者を迎えるスペースとしてだけでなく、企業戦略の一つとしてショールーム化するケースが増えています。そこで今回は

続きを読む

近年、さまざまな業界で注目されているのがバーチャルショールームです。顧客は自宅にいながら、ショールームの雰囲気や展示物の特徴を把握できます。デジタル技術を活用して、バーチャルショールームを取

続きを読む

いまは多くの人が気軽に動画視聴を楽しむ時代となりました。動画ではさまざまな情報を提供できるので、動画を活用したビジネスモデルも増えています。最近では、動画を活用してショールームの魅力を伝える

続きを読む

会社の中で取引先と商談する場合、よい印象を与えることが重要となります。従業員のあいさつや身だしなみなども大切な要素ですが、商談する場所についても特別な配慮が必要です。テーブルやソファ、椅子な

続きを読む

独立して飲食店などの開業を目指している人は多いのではないでしょうか。しかし、開業するにあたって、店舗の内装工事は必ずしなければなりませんが、どのくらいの費用がかかるかわからないということもあ

続きを読む

オフィスのエントランスを企業にアピールできるおしゃれなデザインにしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。エントランスや受付にはさまざまな機能や役割があり、企業の印象が決まってしまう重要な

続きを読む

自社企業でショールームを作りたいけれど、詳しいことがわからないという企業も多いでしょう。今回はそのような悩みをもつ企業に向けてショールームはどういった目的で作るのかについてご紹介します。ショ

続きを読む

空間デザインとインテリアデザインという言葉を、耳にしたことはありませんか。空間デザインとインテリアデザインを知っている皆さんの中でも、この空間デザインとインテリアデザインの違いについて説明で

続きを読む