来場者にアピールするために!ショールームに設置すべきものとは

公開日:2022/03/15   最終更新日:2022/02/04

ショールームを作るうえで、設置しなければならないものがいくつかあります。「ショールームを作ったが効果がない」といった悩みを抱えている人は、ショールーム作りにおいて、足りないものがあるかもしれません。具体的に設置するものを紹介していくので、理想的なショールームを作りましょう。

展示パネルやカタログを設置しよう

ショールームを作る上で、展示パネルやカタログの設置は欠かせません。もし、作ったショールームに展示パネルやカタログがなければ、すぐに設置しましょう。

お客様は、企業や製品に対する不確かな部分を明らかにしたいと思っているので、ショールームへ足を運んでいます。単に展示パネルやカタログを設置するだけではなく、お客様の立場になって必要なものを取り揃えていきましょう。

そして、ショールームは、企業の魅力やコンセプトなどの魅力を伝える場所でもあります。認知度や信頼性の向上が図れる場所でもあり、成約率が上がるメリットがあるので、展示パネルやカタログでイメージを固めて雰囲気を作ることが重要です。

実物のサンプルを設置しよう

展示パネルやカタログで雰囲気を作ったら、実際にサンプルを設置してコーディネートを確認します。ショールームは、実際に目で見て、手にとって使い勝手を確かめられるよさがあるので、企業にとってプッシュしたい家具やサービスのサンプルを用意しましょう

カタログを見てサンプルに興味を持ってくれるお客様は、実際のサンプルを見てイメージしやすくなるので、サンプルの設置は必須です。豊富な家具の中からイメージ通りの家具を選んでもらえるようにショールームを作れば、成約率がさらに上がるでしょう。

インターネットやカタログで、なんとなくイメージができても、実際に色合いが違ったり、想像よりもサイズが大きかったりと、どうしてもギャップが生じてしまいます。サンプルは認識の相違をなくす役割も持っているので、必ず設置しましょう。

相談できるスペースを設けよう

そして、お客様が相談できるスペースが必要です。自分のライフスタイルに合うのか、イメージした雰囲気になるのか、費用はどれくらいかかるのかなど、プロに聞かなければわからない疑問も持っています。

生活シーンやイメージに合わせたコーディネートができるようなスペースであれば、お客様も安心です。間取りや家具のサイズ感、既にある家具との相性などに悩んでいるお客様もいるので、悩みを気兼ねなく話せるスペースが理想的です。以上から、相談スペースは必須だといえます。

相談スペースの雰囲気づくりにもこだわる

ショールームから少し離れたところに相談スペースを設けるのではなく、パーティションを使ってお客様専用の部屋にしたり、ゆったりとくつろげる空間を演出したりすれば、雰囲気が作れます。ショールームのコンセプトに合わせて相談スペースの雰囲気を作りましょう。

予算や目的をヒアリングしたうえで最適なプランを提案する

お客様にとってベストなプランになるようなプランづくりが欠かせません。相談ルームを設けたら、お客様の予算や目的に合ったプランを提案できるようにしましょう。

しかし、多すぎるとお客様が迷ってしまうので、適度に作るのがおすすめです。サンプルを使いつつ、疑問や不安を解消していくとともに、お客様にとって最善の提案ができるような状態にしておきましょう。

ショールームは作って終わりではない

ショールームを作って集客ができたのであれば、どんどん活用していきましょう。

新製品や限定製品を発表した際には、ショールームの展示を見直して新しい製品を取り入れてみてください。ショールームには置いてあるのに実際に購入できなかったり、新製品を見に行ったのにショールームに置いていなかったりすると、お客様が離れてしまうためです。

さらに、製品に詳しい人が来客対応をするなどの準備をして、ショールームを有効活用しましょう。

ショールームを作るうえでの注意点

たとえば、ショールームをオフィス併設にすると、社外の人が社内に立ち入るので、予約制にしたり、明確にオフィスとショールームを分けたりする必要があります。また、販促活動も行うようにしましょう。イベントの実施や遊びながら製品を試せるような企画があるとより効果的です。

 

ショールームには「展示パネルとカタログ」「サンプル」「相談スペース」の設置が必要です。また、3つを設置するうえでの雰囲気づくりも重要です。ショールームを作って上手に使いこなせれば、来場者にアピールできる魅力的なショールームに変化するので、ぜひ試してみてください。

そして、ショールームを一度作って解体するのではなく、新製品や新サービスの発表と同時に合わせて活用すれば、新規の顧客が狙えたり、リピーターを増やしたりできます。状況を加味してショールームを上手に使って、顧客を増やしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH
【東京】おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

住宅の購入やリフォームをするとき、ショールームへ足を運ぶ方も多いでしょう。ショールームは住宅設備メーカーや家具メーカーなどが運営しており、実際の商品を目で確かめられます。そんなショールームで

続きを読む

住宅設備を実際に目で見て体感できるショールーム。家を建てるときやリフォームをするときに足を運びます。そんなショールームに欠かせない存在なのがショールームアドバイザーです。この記事では、ショー

続きを読む

自社の製品を展示している空間をショールームと呼びます。住宅メーカーや家具メーカーなどのショールームでは、実際に家や家具を使用する際、どんな感じになるのかというイメージがしやすくなります。では

続きを読む

ショールームは顧客に自社をアピールできる絶好の機会。ショールームは分かりやすい商品説明はもちろん、デザインや対応、居心地の良さなども求められます。つい自社アピールをしたくなりますが「顧客がど

続きを読む

ショールームは来客に自社製品をアピールする場ですが、近年はそれだけではありません。自社に親しみを持ってもらう、自社が関わる業界全体のアピールなど、進化したショールーム制作が求められます。特に

続きを読む

ショールームを作るだけで満足していませんか。ショールームは自社の商品アピールの場ですが、やりがちなのは自分がアピールしたいことばかり強調することです。特に東京はショールームが多いので、他社と

続きを読む

ショールームを作るうえで、設置しなければならないものがいくつかあります。「ショールームを作ったが効果がない」といった悩みを抱えている人は、ショールーム作りにおいて、足りないものがあるかもしれ

続きを読む

単にショールームを作っても、来場者を満足させるのは困難です。しかし、ショールームでしかできないことを詰め込むと、来場者に喜ばれます。そして、さらに大切な要素を詰め込むとより効果的です。来場者

続きを読む

製品を展示する際は、よりその製品が魅力的に映るために工夫を凝らすことが重要です。どんなに素敵な製品であっても、展示方法がマッチしていなければよさが伝わりません。製品を展示するからには、製品の

続きを読む

あなたは「事務所が雑然としていてモチベーションが下がってしまう」といった経験をしたことはないでしょうか?「きれいな環境で作業するために整理整頓したい」と思っても、何から手をつければいいか悩ん

続きを読む