ショールームの来場者にノベルティを用意する?宣伝効果が期待できる?

公開日:2023/01/15   最終更新日:2022/12/21

 

ノベルティとは来場者や購入者にプレゼントする記念品です。展示会やイベントなどで配布することが多く、就活中の合同説明会などでノベルティをもらった方も多いのではないでしょうか。では、ショールームの場合はどうでしょう。ノベルティは必要だと思いますか?この記事ではショールームのノベルティの必要性と宣伝効果について解説します。

ショールームの来場者にノベルティを配るべき?

企業ブランディングや商品の認知度向上を目指すのであれば、なるべくノベルティを配るのがおすすめです。もらったノベルティは帰った後にじっくり観察されることもあれば、もらいすぎたからとほかの人の手に渡ることもあります。そうすると宣伝効果が得られるため、企業名が入ったボールペンを渡すだけでもおすすめです。

ノベルティを配布することで得られる効果

ノベルティの配布で得られる効果は、企業ブランディング・企業と商品の認知度向上・集客です。これらの効果を得たい場合は、積極的にノベルティを配布するとよいでしょう。なお、ノベルティに企業名が入っていなければ認知されません。後から見て思い出せるよう、オリジナルグッズには企業名を必ず入れましょう。

企業ブランディング

「ブランディング」とは、経営や販売上の戦略として、ブランドの構築や管理を行うことを指します。簡単にいえば、会社や商品・サービスにほか社と差別化できる個性を作りあげることです。つまり、企業ブランディングとは他社と差別化できるような個性を作り上げることだといえます。

配布するノベルティによっては、会社に対して持ってほしいイメージを伝えることもできるでしょう。たとえば環境にやさしい素材でできた商品をノベルティにすればSDGsを意識している企業、最先端技術を駆使した商品であれば技術の高さがアピールできます。

企業と商品の認知度向上

ノベルティに会社名を入れておけば、企業の認知度向上に役立ちます。また、実際に販売している商品の試供品をノベルティとすれば商品の認知度も向上できるでしょう。ノベルティは非売品のためずっと持ち続けている人も多く、持っていない人から注目されることもあります。

転売に悪用されてしまうことも懸念されますが、認知度向上が目的であれば逆に効果的だともいえるでしょう。より多くの人の目に入るため、まったく認知していない層にもアピールできるかもしれません。

集客

ターゲットのニーズを理解したうえでノベルティを選定すれば、イベント時には集客効果も期待できます。SNSなどで話題になれば、消費者の購入意欲を刺激することにもつながるでしょう。「このノベルティがよかった!」と口コミが広がれば、販売中の商品や企業に注目が集まることも考えられます。ターゲットのニーズを考えたうえでノベルティを選定し、その効果を考えたうえで配布しましょう。

ショールームの来場者におすすめのノベルティ

ショールームの来場者は企業そのものか、商品・サービスに興味がある方がほとんどです。そのため、ノベルティは誰でも使いやすい実用的なものから、商品・サービスの特徴が後から思い出せるようなものがよいでしょう。

便利で実用的なもの

一番無難なのは、ボールペンやクリアファイルなど便利で実用的なものです。企業名を入れておけば、使うたびに思い出してくれるでしょう。ふせんやメモ用紙などの事務用品もおすすめです。企業にマスコットキャラなどがいれば、そのイラストを入れてもよいでしょう。

エコバック

レジ袋の有料化で一気に普及したエコバッグですが、主婦の方であれば「いくらあってもいい」と欲しがっている方もいるでしょう。繰り返し使うもののため、そのたびに企業名や商品を思い出すかもしれません。また、ショールームで説明した資料を持ち帰ってもらう際、入れる袋がなければそのまま利用できます。

モバイルバッテリー

ターゲットが営業職の人であれば、モバイルバッテリーがおすすめです。営業職は外に出ることも多く、担当になれば電話が直接かかってくることも多いため充電の減りが早くなります。そのようなとき、容量が小さくてもよいのでモバイルバッテリーがあると助かります。

卓上カレンダー

デスクで仕事をすることが多い職種の方をターゲットにしているのであれば、卓上カレンダーがおすすめです。女性であればかわいらしいデザイン、男性であればシンプルなデザインがよいでしょう。卓上カレンダーはずっと机の上に出しておくため、出勤日はほぼ毎日目にすることになります。そのたびにもらったことを思い出すことでしょう。定番のノベルティではありますが、デザインや形などを工夫すればもらってうれしいノベルティになるはずです。

まとめ

ショールームでのノベルティ配布の効果やノベルティの例をご紹介しました。ショールームの来場者は企業や商品・サービスに強く興味がある方が多いため、少し色を強く出してもよいかもしれません。たとえば、カーメーカーのショールームでミニカーを配布するなどです。見るたびに企業や商品を思い出せるようなノベルティにすれば、より効果が高まるでしょう。ノベルティを選定するには、まずはターゲットを細かく設定してください。ターゲットが欲しがりそうなノベルティを用意することにより強く印象に残り、新規顧客の獲得や売り上げの向上などの効果が期待できます。

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

空間デザインとインテリアデザインという言葉を、耳にしたことはありませんか。空間デザインとインテリアデザインを知っている皆さんの中でも、この空間デザインとインテリアデザインの違いについて説明で

続きを読む

ショールームデザインを企画するときに、季節感を取り入れるのも大切です。季節を感じるショールームにするためにシーズンディスプレイを活用しましょう。この記事では、シーズンディスプレイについて、季

続きを読む

会社の顔ともいえるエントランスは、お客さんをお出迎えするのにふさわしいデザインや工夫が必要です。清潔な雰囲気にしたり会社の特徴がよく分かるデザインにしたりしてもよいでしょう。また、商品やサー

続きを読む

バーチャル見学とは、バーチャル空間内を自由に動かすことで見学する方法です。VRはヘッドセットが必要ですが、バーチャルではスマホやPCから手軽に利用できます。しかし、工場見学は実地ですればよい

続きを読む

  ノベルティとは来場者や購入者にプレゼントする記念品です。展示会やイベントなどで配布することが多く、就活中の合同説明会などでノベルティをもらった方も多いのではないでしょうか。では

続きを読む

机の配置や装飾・コミュニケーション設計などにこだわったうえでオフィスを作り上げることを「オフィスデザイン」といいます。見た目がよくなることはもちろん、快適性が向上したり、社員のモチベーション

続きを読む

集客につながる展示ブースデザインとはどんなデザインでしょうか?展示会に興味を惹く商品があると多くの人がやってきます。ただし展示会の場合、複数のブースが乱立します。そのため来場者が分散してしま

続きを読む

ショールームとモデルハウスは何が違うのでしょうか?一致する点は、どちらも商品を見学に行くことができることです。違いは「ショールームは建物の中に商品がある」「モデルハウスは建物自体が商品である

続きを読む

住宅の購入やリフォームをするとき、ショールームへ足を運ぶ方も多いでしょう。ショールームは住宅設備メーカーや家具メーカーなどが運営しており、実際の商品を目で確かめられます。そんなショールームで

続きを読む

住宅設備を実際に目で見て体感できるショールーム。家を建てるときやリフォームをするときに足を運びます。そんなショールームに欠かせない存在なのがショールームアドバイザーです。この記事では、ショー

続きを読む