集客につながる展示ブースデザインとは?効果的な工夫をご紹介!

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/11/02


集客につながる展示ブースデザインとはどんなデザインでしょうか?展示会に興味を惹く商品があると多くの人がやってきます。ただし展示会の場合、複数のブースが乱立します。そのため来場者が分散してしまいます。そうなると、集客が悪くなります。今回は、集客につながる展示ブースデザインとは・効果的な工夫についてご紹介します。

展示会ブースデザインでよくある要望

展示会ブースデザインでは、どんな要望がよくあるのでしょうか?こちらではよくある要望についてご紹介します。

できるだけコストを抑えたい

1つ目は「できるだけコストを抑えたい」という要望です。当然依頼者は、コストが安ければ安い方がよいと思っています。ただし、コストが安いだけのブースデザインを造ってしまうと、来場者に訴えるものが弱くなります。そうなると集客に影響がでます。

多くの来場者に来て欲しい

2つ目は「多くの来場者に来て欲しい」という要望です。こちらも、どの依頼者でも持っている要望です。多くの来場者に来てもらうには、枠を広げる必要があります。簡単にいうと、来場をためらわせるデザインをすべて変えてしまうことです。そうすることで多くの来場者が訪れやすいブースデザインになります。

商品が何かがわかるようにしたい

3つ目は「商品が何かがわかるようにしたい」という要望です。展示会ブース自体は目立っていることはあります。ただし扱っている商品が何かがわからないということがあります。そうなると、デザインの意味がありません。一目ブースデザインを見ただけで、商品が何かがわかるデザインにした方がよいでしょう。

商談に結びつけたい

4つ目は「商談に結びつけたい」という要望です。来場者が多くても、商談に結びつかないということがよくあります。来場者の数を増やすよりも、実際に商談につながるようなデザインに変更した方がよいでしょう。

SNSで告知したい

5つ目は「SNSで告知したい」という要望です。こちらは、展示会でブースを開設していることをSNSで発信し、展示会の告知をしたいという要望です。また展示会の告知だけでなく、SNSのフォロワーアップも同時に見込んでいます。SNSのユーザーにウケるブースデザインにすることをおすすめします。

展示会ブースデザインを依頼する前に決めておくこと

展示会ブースデザインを依頼する前には、一体どんなことを決めておいた方がよいのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

ブースイメージ

1つ目が「ブースイメージ」を決めておくことです。ブースイメージが決まると、イメージの説明がラクになり業者との打ち合わせがしやすくなります。デザイナーもブースのデザインがしやすくなります。

デザインの大枠

2つ目が「デザインの大枠」を決めておくことです。デザインの大枠を決めておくことで、デザインの詳細な打ち合わせや見積もりが作りやすくなります。

収容人数

3つ目が「収容人数」を決めておくことです。ブースの容量には限度があります。来場者とスタッフが一度に合計何人を収容できるブースにするのかは重要です。

予算

4つ目が「予算」を決めておくことです。予算を決めておくことで、デザインの規模や集客用の仕掛けを設計することができます。

目的

5つ目が「目的」を決めておくことです。目的が決まることで、デザインの方向性・出口を作ることができます。

集客につながる展示会ブースデザインの工夫

集客につなげるには、どんな展示会ブースのデザインにすればよいのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

キャッチコピーを表示する

1つ目は「キャッチコピーを表示する」ことです。キャッチコピーはあらゆる場面で、多くの人たちの関心を惹きつけます。展示ブースの集客にもキャッチコピーは効果があります。

ブースの差別化

2つ目は「ブースの差別化」です。他のブースと同じようなデザインだと、大きな会場では埋もれてしまいます。そうなると、ユーザーに見つけてもらえないのでだれも来てくれません。会場内で目立つようにはっきりと差別化する必要があります。

立ち寄りやすい雰囲気にする

3つ目は「立ち寄りやすい雰囲気にする」ことです。あまりにも意識が高過ぎるデザインのブースだと、来場者が立ち寄りにくくなります。まずは、気軽に立ち寄れる雰囲気のデザインにすることをおすすめします。

扱う商品が一目でわかるデザインにする

4つ目は「扱う商品が一目でわかるデザインにする」ことです。扱っている商品とブースデザインがあまりにも違い過ぎると、ユーザーが気づいてくれません。できるだけ商品にスポットライトを浴びせて、扱う商品が一目でわかるようなブースデザインにすることをおすすめします。

まとめ

今回は、集客につながる展示ブースデザインとは・効果的な工夫についてご紹介しました。どの依頼者もできるだけ集客ができるブースデザインを求めていることでしょう。集客は積み重ねです。今回ご紹介した方法をやってみることで、集客力がアップしていきます。また、他社の集客力が高いブースデザインの要素を取り入れてみることも大事です。本記事が集客につながる展示ブースデザインがどんなデザインかを知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH
【東京】おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

集客につながる展示ブースデザインとはどんなデザインでしょうか?展示会に興味を惹く商品があると多くの人がやってきます。ただし展示会の場合、複数のブースが乱立します。そのため来場者が分散してしま

続きを読む

ショールームとモデルハウスは何が違うのでしょうか?一致する点は、どちらも商品を見学に行くことができることです。違いは「ショールームは建物の中に商品がある」「モデルハウスは建物自体が商品である

続きを読む

住宅の購入やリフォームをするとき、ショールームへ足を運ぶ方も多いでしょう。ショールームは住宅設備メーカーや家具メーカーなどが運営しており、実際の商品を目で確かめられます。そんなショールームで

続きを読む

住宅設備を実際に目で見て体感できるショールーム。家を建てるときやリフォームをするときに足を運びます。そんなショールームに欠かせない存在なのがショールームアドバイザーです。この記事では、ショー

続きを読む

自社の製品を展示している空間をショールームと呼びます。住宅メーカーや家具メーカーなどのショールームでは、実際に家や家具を使用する際、どんな感じになるのかというイメージがしやすくなります。では

続きを読む

ショールームは顧客に自社をアピールできる絶好の機会。ショールームは分かりやすい商品説明はもちろん、デザインや対応、居心地の良さなども求められます。つい自社アピールをしたくなりますが「顧客がど

続きを読む

ショールームは来客に自社製品をアピールする場ですが、近年はそれだけではありません。自社に親しみを持ってもらう、自社が関わる業界全体のアピールなど、進化したショールーム制作が求められます。特に

続きを読む

ショールームを作るだけで満足していませんか。ショールームは自社の商品アピールの場ですが、やりがちなのは自分がアピールしたいことばかり強調することです。特に東京はショールームが多いので、他社と

続きを読む

ショールームを作るうえで、設置しなければならないものがいくつかあります。「ショールームを作ったが効果がない」といった悩みを抱えている人は、ショールーム作りにおいて、足りないものがあるかもしれ

続きを読む

単にショールームを作っても、来場者を満足させるのは困難です。しかし、ショールームでしかできないことを詰め込むと、来場者に喜ばれます。そして、さらに大切な要素を詰め込むとより効果的です。来場者

続きを読む