ショールームを手がけているのはどんな人?立体・空間デザイナーとは

公開日:2022/07/15   最終更新日:2022/07/25


自社の製品を展示している空間をショールームと呼びます。住宅メーカーや家具メーカーなどのショールームでは、実際に家や家具を使用する際、どんな感じになるのかというイメージがしやすくなります。ではそのショールームは、どのような人が手がけているのでしょうか。こちらで解説していきます。

ショールームを手がけているのは空間デザイナー

ショールームを手がけているのは空間デザイナーです。空間デザイナーは、ショールームだけでなく各種イベントのブースや会場、お店の商品のディスプレイ、飲食店や商業施設、ホテルなどの空間をデザインする仕事になります。見た目が美しいこと、インパクトがあることだけでなく、過ごしやすい空間であることも意識しなければいけません。

また、コンセプトがある場合、そのコンセプトに合わせた空間をデザインしなければなりません。空間デザイナーと似た仕事にインテリアデザイナーや建築設計士がありますが、インテリアデザイナーの場合は、室内が中心となっています。建築設計士は、建築物の設計が仕事です。空間ではなく建物の外観や構造など建築に関するさまざまなことを行います。建築の仕事は、一級建築士や二級建築士の資格が必要です。空間デザイナーの場合は、建築には関わりません。空間デザインに関しては、室内だけでなく屋外の空間も行う仕事になっています。それぞれ役割が異なることがわかります。

空間デザイナーの具体的な仕事内容

空間デザイナーはどのような仕事なのでしょうか。具体的な仕事内容をお伝えします。

内装や空間設計を担当する

空間デザイナーは、内装のデザインから空間設計まで幅広く担当しています。施工は内装業者が行いますが、細かなデザインを空間デザイナーが指示。空間デザインにこだわることで、ほかの店舗との違いを出せるのです。空間デザイナーは、顧客がイメージしているものを形にしていかなければいけません。コンセプトに合うようにデザインを提案するだけでなく、よりよいものへとしていくための提案も必要になります。普段からさまざまなものに触れていなければよい案も出していくことができないでしょう。

空間デザイナーの仕事の流れ

空間デザイナーの仕事の流れをまとめておきます。まずは、クライアントとの話し合い。予算やイメージを共有して形にしていきます。ヒアリングがしっかりとできていないとクライアントがイメージしているものを形にしていくことができません。コミュニケーション能力も問われる仕事です。ヒアリングが終わったら、具体的にデザイン案を作成。図面や模型などを使用してデザインを提案し、クライアントとその都度話し合いを重ねてデザインを完成させます。

デザイン案が完成したら、予算に合わせて施工してくれる業者を探し、施工開始です。施行中も空間デザイナーは現場に足を運んで、進行を確認したり、品質をチェックしたりする必要があります。施工が終了してクライアントに引渡しを終えるまでが空間デザイナーの仕事です。

空間デザイナーの仕事のやりがい

空間デザイナーの仕事は、様々な人の目に留まる空間を作りあげることができるという点で、とてもやりがいがあるでしょう。デザインが優れていると日本空間デザイン賞など賞を受賞することもできます。自分が提案した空間が賞を受賞したら、よりやりがいを感じられるのではないでしょうか。

空間デザイナーになるには資格が必要だから安心

空間デザイナーとして活躍したい場合、資格が必要です。公益財団法人日本デザイン振興会認定試験である「空間ディスプレイデザイナー認定試験」、公共社団法人インテリア産業協会主催の「インテリアコーディネーター」などの資格を持っていることでスキルを証明できます。

スキルを持った人がショールームを手がけてくれるため、安心して依頼することができるでしょう。空間デザイナーの仕事は、資格がなくてもできるといわれているものの、何らかの知識があることを証明できなければ、仕事を受けることが難しいのです。実際にショールームデザイン会社でも、資格保有者が空間デザインに携わっています。

空間ディスプレイデザイナー認定試験

日本デザインプランナー協会が実施している資格です。空間ディスプレイ全般について幅広く知識があることを証明できます。

インテリアコーディネーター資格試験

社団法人インテリア産業協会が主催している資格です。インテリアに関して幅広い知識を持っていることを証明できます。

 

ショールームを手がけているのは、空間デザイナーということがわかりました。ショールームデザイン会社に依頼すれば、作りたい空間を完成させることができます。自社の製品をより魅力的に見せたい、イベントを盛り上げたいという方は、空間デザインのプロに相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH
【東京】おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

住宅の購入やリフォームをするとき、ショールームへ足を運ぶ方も多いでしょう。ショールームは住宅設備メーカーや家具メーカーなどが運営しており、実際の商品を目で確かめられます。そんなショールームで

続きを読む

住宅設備を実際に目で見て体感できるショールーム。家を建てるときやリフォームをするときに足を運びます。そんなショールームに欠かせない存在なのがショールームアドバイザーです。この記事では、ショー

続きを読む

自社の製品を展示している空間をショールームと呼びます。住宅メーカーや家具メーカーなどのショールームでは、実際に家や家具を使用する際、どんな感じになるのかというイメージがしやすくなります。では

続きを読む

ショールームは顧客に自社をアピールできる絶好の機会。ショールームは分かりやすい商品説明はもちろん、デザインや対応、居心地の良さなども求められます。つい自社アピールをしたくなりますが「顧客がど

続きを読む

ショールームは来客に自社製品をアピールする場ですが、近年はそれだけではありません。自社に親しみを持ってもらう、自社が関わる業界全体のアピールなど、進化したショールーム制作が求められます。特に

続きを読む

ショールームを作るだけで満足していませんか。ショールームは自社の商品アピールの場ですが、やりがちなのは自分がアピールしたいことばかり強調することです。特に東京はショールームが多いので、他社と

続きを読む

ショールームを作るうえで、設置しなければならないものがいくつかあります。「ショールームを作ったが効果がない」といった悩みを抱えている人は、ショールーム作りにおいて、足りないものがあるかもしれ

続きを読む

単にショールームを作っても、来場者を満足させるのは困難です。しかし、ショールームでしかできないことを詰め込むと、来場者に喜ばれます。そして、さらに大切な要素を詰め込むとより効果的です。来場者

続きを読む

製品を展示する際は、よりその製品が魅力的に映るために工夫を凝らすことが重要です。どんなに素敵な製品であっても、展示方法がマッチしていなければよさが伝わりません。製品を展示するからには、製品の

続きを読む

あなたは「事務所が雑然としていてモチベーションが下がってしまう」といった経験をしたことはないでしょうか?「きれいな環境で作業するために整理整頓したい」と思っても、何から手をつければいいか悩ん

続きを読む