ショールームデザインを設計する上で意識するべきポイントとは?

公開日:2021/11/15   最終更新日:2023/01/06


ショールームは顧客の商品理解度を高め、購買意欲を高めるうえで有効なプロモーションツールのひとつです。ショールームの効果を最大化するためには、押さえておくべきポイントがあります。ここではショールームデザインを設計する上で意識するべきポイントや施工にかかる費用、ショールームデザイン施工業者の選び方についてご紹介します。

ショールームデザインを設計する上で意識するべきポイント

ショールームデザインを設計する上で最初に知っておきたいこととして、業種や取り扱う商品によって見せ方や演出方法が異なるということです。アパレルメーカーであればファッションショーを開催することがあるのでランウェイを設置できる縦長のスペースが必要となります。住宅の場合はモデルルームを作るため実際の住宅と同程度の広さが必要です。車を展示する場合も広い空間が必要になります。高額商品を魅力的に見せるために、余白はかかせません。

また、ショールームを使ってレセプションやパーティを行うこともあります。ショールームデザインを設計する際は、展示する商品に適した広さを確保すること、汎用性の高い空間となるよう意識して設計することが重要です。面積が限られている場合は、高さのある家具や造作物をできる限りなくしたり天井高を確保したりすることで上部に空間を作り、広い空間を演出することもできます。

ショールームは多くの人が入りやすく、居心地のよい空間にすることが大切です。無駄なものを置かないことで照明や太陽の光がショールーム全体に届きやすくなり、明るいイメージを演出することもできます。照明はショールームの重要な要素です。ダウンラウトでおしゃれな雰囲気を演出したり、新商品にスポットライトを当てたりといった工夫をすることで、商品をより魅力的に見せることができます。展示棚は来場者が商品を見やすく、手に取りやすいよう、導線や高さに注意して設置するのがポイントです。

また、嫌いなデザインの家具がある空間に長く滞在したいとは思わないので、ショールームに設置する家具は強いコンセプトのある商品を扱う場合以外、来場者によって好き嫌いがでない、なるべくシンプルなデザインのものを選ぶといいでしょう。

ショールームデザイン施工にかかる費用とは?

ショールームデザイン施工にかかる費用は、業種によって異なります。家具などを展示するインテリア系のショールームは100~200万円、キッチンなどの住宅設備のショールームは300~500万円、自動車メーカーのショールームは400~800万円、モデルハウスは500~1000万円程度が相場です。

オフィス内装で坪10万程度の立地の場合、ショールームはその倍程度を見立てておくとよいでしょう。ショールームのコストを削減する方法として、陳列什器に既製品を活用できます。

ただ、既製品が展示する商品とマッチしない場合はショールームの効果を下げることにつながってしまいます。せっかくショールームを作っても、コストを気にして商品の魅力が充分に伝わらない展示になってしまっては本末転倒です。デザイン業者としっかりコミュニケーションをとりながら、最適な商品を決定していくのがおすすめです。

ショールームデザイン施工業者はどう選ぶべき?

ショールームのデザイン施工業者は、デザイン・設計・施工・メンテナンスをワンストップで行うことのできる業者がおすすめです。関わる業者が多くなるほど、中間マージンが発生してコストが高くなったり、指示が正しく伝わらなかったり、依頼からの動きだしが遅くなったりします。

自社ですべて賄える業者のほうが、リーズナブルかつスムーズに作業を進めることができるといえます。ショールームの内装デザインには、独自のノウハウが必要です。展示方法や照明の使い方、来場者の導線など適切な提案をするには商業内装の経験が不可欠です。そのため、ショールームデザインの施工はショールームデザインの実績が多い会社を選ぶといいでしょう。

ショールームデザインの実績があるほとんどの会社はホームページで実績写真を公開しています。過去のショールームデザイン実績に自社のイメージに近いものがあるか確認してみるといいでしょう。経験の多い会社ほど、ショールームの表現手法も幅広く、いろいろな提案をしてもらうことができます。

ショールームのデザインだけでなく、媒体を使ったプロモーション戦略もあわせて依頼できる業者もあるので複数の業者を比較して、依頼する業者を決めるとよいでしょう。業者を比較する際は、提案内容だけでなく業者を依頼する際はレスポンスの早さも見ておきましょう。すぐに返事のくる業者のほうがストレスなくスムーズにやりとりをできます。

 

ショールームを作る際は、デザインにこだわることでショールームの効果を最大限に高めることができます。ショールームの空間デザインは照明や展示、造作などさまざまな表現手法があります。複数の業者を比較して、自社商品の魅力をしっかり伝えられる空間演出を提案してくれる経験豊富なショールームデザイン施工業者を見つけてください。

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめのショールームデザイン会社一覧
AD
ADの画像s
乃村工藝社
乃村工藝社の画像s
丹青社
丹青社の画像s
スペース
スペースの画像s
博展
博展の画像s

READ MORE

近年、企業のブランド価値を高め、製品やサービスの魅力を直接顧客に伝える手段として、企業紹介型ショールームの重要性が高まっています。この記事では、企業紹介型ショールームの魅力と、効果的なショー

続きを読む

ショールームは単なる展示スペースではありません。これは、製品を直接体験し、生活に取り入れるイメージを膨らませることができるワクワクする空間です。この記事では、製品展示型ショールームの魅力から

続きを読む

住まいづくりにおいて、理想の暮らしを実現するお手伝いをするプロフェッショナルがショールームアドバイザーです。住宅設備や家具のショールームで、お客さんに快適な住まいを提案し、実現への第一歩を導

続きを読む

住宅設備や家具が並ぶショールームで、新築やリノベーションを検討するお客さんに向けて、夢の住まいづくりを支援する「ショールームコーディネーター」という仕事があります。この記事では、ショールーム

続きを読む

3Dショールームは、革命的なテクノロジーのひとつです。製品やプロジェクトを仮想の環境で体験できる手法で、そのメリットは多岐にわたります。本記事では、3Dショールームの概要、そのメリット、活用

続きを読む

オフィスのエントランスは、来客を出迎える重要なスペースです。しかし、最近では、来訪者を迎えるスペースとしてだけでなく、企業戦略の一つとしてショールーム化するケースが増えています。そこで今回は

続きを読む

近年、さまざまな業界で注目されているのがバーチャルショールームです。顧客は自宅にいながら、ショールームの雰囲気や展示物の特徴を把握できます。デジタル技術を活用して、バーチャルショールームを取

続きを読む

いまは多くの人が気軽に動画視聴を楽しむ時代となりました。動画ではさまざまな情報を提供できるので、動画を活用したビジネスモデルも増えています。最近では、動画を活用してショールームの魅力を伝える

続きを読む

会社の中で取引先と商談する場合、よい印象を与えることが重要となります。従業員のあいさつや身だしなみなども大切な要素ですが、商談する場所についても特別な配慮が必要です。テーブルやソファ、椅子な

続きを読む

独立して飲食店などの開業を目指している人は多いのではないでしょうか。しかし、開業するにあたって、店舗の内装工事は必ずしなければなりませんが、どのくらいの費用がかかるかわからないということもあ

続きを読む